ウェディングフェアについてもっと詳しく知りたい!

最新の元花嫁の体験談を詳しくレポート。最近は個性的なカップルの結婚式も目立ちます。そもそも結婚式とは?ブライダルフェアとは? これから結婚式に向け、失敗しない、後悔しない式場選びをするために事前に決めておいた方がいい項目をピックアップしています。
MENU

 

 

「結婚式」とはいえいったい何から始めたら、
失敗しない、後悔しない結婚式にたどりつけるのでしょうか??

 

その結婚式準備の第一歩がブライダルフェアです!

 

ブライダルフェアでは、
気になる会場を見学するだけでなく
模擬挙式の体験、披露宴の食事を試食、
ドレス、引き出物、実際の結婚式の写真展示、
ウェディングプランナーさんとの相談会
などの内容で開催されます。

 

 

 

式場探しはいつから始めるべき??

多くのカップルは6,7カ月前から式場探しを始めるようです。
タイミングとしては、

 

プロポーズ

両親への挨拶

結婚指は購入

結納または両家顔合わせ(挙式の7ヶ月前ぐらい)

式場決定(挙式の6.7カ月前)

結婚式準備開始(挙式の5.6カ月前)



挙式開催

 

このプランを参考に、
都内で結婚式場探しをしましたが
実際結婚式をする日取りには「人気」や「土日」
という条件があるため6.7ヶ月前でも
かなり残りの候補日が絞られていました。

 

人気の式場であれば1年前に埋まるというのも平気であります。
1年は大袈裟に聞こえますが、
式場選びにこだわりたいのであればできるだけ早めを
オススメします!!

 

やっぱり、人気の試食会付きのブライダルフェアは人気。
各式場探しサイトでは特集もあるので要チェック!!

 

 

 

ブライダルフェアにいって良いことはあるの??

実際、私もこんな風に思っていました。
式場を選びをする中で「式場選び」の重要性を感じています。
そして、特典や割引やお土産様々な良いこともありました。

 

式場見学・ブライダルフェアに参加したから分かること

  1. チャペルや披露宴会場の中を見学することで結婚式にイメージがわく
  2. いろいろな視点が増え2人の休日がさらに充実する
  3. 実際に配られる引き出物をお土産でもらえる
  4. フェア参加者限定の式場割引がある
  5. 楽天ポイントが貯まる(楽天ウェディング限定)

 

こういったイベントごとには女性の方が積極的ですが、
うまく彼をやる気にさせてブライダルフェアに参加しましょう!!

 

私は行けば3,000円の楽天ポイントがもらえるから
と言って合計5件の式場見学に行きました!!

 

せっかくのお休みにゆっくりしたいのは分かりますが、
なるべく彼と二人での参加をおすすめします。

 

 

 

そもそも結婚式ってなに??

ここまで、プロポーズされたら「結婚」
「結婚」=「結婚式」
の流れで説明していましたが、そもそも結婚式って何なのでしょうか??

 

結婚式に概念は変わりつつある

 


家族同士のつながりを現す儀式。
主催者も両家の両親がメイン。

 

現在
これまでの感謝を込めて結婚の喜びを祝うもの。
主催は両家の場合もありますが新郎新婦個人でする場合も。

 

このように、家族⇒個人へとシフトしています。

 

なので、開催規模や挙式スタイル、雰囲気も多様化しています。
最近では「ナシ婚」と言って結婚式を挙げないカップルも増えてきました。

 

一方で、個性を前面に出したオリジナリティーある挙式や
ウエディングフォト、産後に挙げるパパママ婚というスタイルも誕生!!
さらには、新郎新婦の負担額が実質ゼロといった
貯金がなくてもできる結婚式プランも誕生。

 

せっかく結婚という節目を迎えるのであれば、
結婚式を諦めるのではなく、
どんなかたちであれ結婚式を検討してみるのはいいですね!
自分たち以上に、家族や周りの人が喜んでくれると思います。

 


☆特にマイナビは「ふたりらしい結婚式」をコンセプトにたくさんのスタイルの結婚式情報を提供しています。

 

マイナビウエディング,ブライダルフェア,結婚式,結婚式場

 

☆費用をなるべく抑えたいなら、スマ婚・ハナユメもチェック!

 

 

ウェディングフェア参加前にチェック!

どんな結婚式にしたいかまだ分からないカップルも、
次の項目をブライダルフェア参加前に
少し考えておくとにイメージしておけばスムーズな式場探しができるはず!!

 

結婚式に招待したい大切なゲストを考えよう!

親族
親戚との付き合いの度合によるため、
事前に両親に相談するのがベスト。
招待の範囲は両家違う場合も多い。

 

職場関係
職場の上司や同僚含め、
今後も長く付き合っていきたい相手から
優先的に考えるとスムーズ。

 

友人
まずは本当に親しい友人を招待。
この際だから呼んでみるというのもOK。
人数が被らないように、
共通の友達は二人で招待するべき。

 

恩師やその他ゲスト
地域によっては地元の恩師を招待する場合も、
遠慮が必要な場合は早めに招待状を。

 

トータル人数
二人の招待人数を合算してみましょう。
招待人数によって会場の見積や広さが
決まってきます。

 

「こんなことがしてみたい」理想の結婚式をイメージ

二人のイメージを共有しておこう!
フェアに行って彼の気が全然のってないってことも多々あります。
二人の理想がかけ離れている式場には行かないよう事前チェック!

 

どんな場所がいい?
カフェ、一軒家、ガーデン、夜景、自然、…

 

式をしたい季節は?
春、夏、秋、冬、
二人の好きな季節や、職場の都合など確認

 

好きなイメージは?
洋風、和風、ガーリー、スタイリッシュ、ナチュラル
会場によって表現できるイメージがあります。

 

どんな一日にしたい?
ゲストとワイワイ過ごしたい、
品良く上質な時間を過ごしたい、
和やかにリラックスした雰囲気、
華やかで夢のような時間、
オリジナリティあふれる空間を表現したい…

 

ブライダルフェアに参加すると必ず、
上記のようなことを記入するアンケート用紙を配布されます。
ぜひ事前にイメージしてみてください。

 


実際に、式場を選んでブライダルフェアを予約してみましょう!

 

 

2018年2月14日更新

 

マイナビウエディングで通常キャンペーンより

さらにお得なキャンペーンを開催中!!

 

まだ、結婚指輪ご検討中のカップルは要チェックです。

 

 

 

今ならこちら

 

 

 

このページの先頭へ